スポンサー

理学療法.

理学療法士の恋愛事情【モテる方法を公開】

理学療法士ってモテるんでしょうか?
将来は結婚したいと思っているので、モテる方法を教えてください!

このような悩みを解決します。

 

本記事の内容

理学療法士がモテる理由3選

モテる理学療法士の特徴

 

【この記事を書いた人】

ピカと申します♪

  • 元彼女とは就職後に遠距離恋愛となり、破局。
  • 病院以外、出会いはほとんどなかったが、運良く看護師さんと付き合うことに
  • 3年間のおつき合いの末、結婚、第一子を授かる。

 

今回は、理学療法士の恋愛事情を詳しく解説します。

この記事を読めば、理学療法士の恋愛ついて理解することができます。

 

理学療法士がモテる理由3選

安心してください!
正直、理学療法士はモテます
その理由をご紹介します!

 

やさしいイメージを与えやすい

 

 

 

 

 

好きなタイプを聞かれたら、「やさしい人」と答える人って多いですよね?

理学療法士はやさしい印象を与えやすい職種なのです。

 

リハビリは、病室内で行う場合や病棟内で行う場合もあると思います。

そのような時、患者さんとの会話は、看護師さんや他職種の方達の耳にしっかり入っています。

痛みがある患者さんや歩行がスムーズにできない患者さんに対して、高圧的に接する理学療法士はほぼいないと思いますので、自然とやさしいイメージを与えられます。

また、リハビリと検温、点滴の入れ替え時間が、被ってしまうこともあるため、患者さんを挟みながら自然とリハビリの様子や患者さんの状態をお話しすることができ、コミュニケーションがとれることも多いです。

あの理学療法士さんは、患者さんの痛みをしっかり理解してるのね。すごくやさしそうで素敵♪

 

理学療法士はやさしいイメージを与えやすい

 

多くの職種との関わりが多い

 

 

 

 

 

リハビリの適応は、すべての入院患者さんと言っても過言ではない時代になりました。

そのため、必然的に多くの診療科や職種との関わりが増えています。

病棟カンファレンスや退院前カンファレンスに出席したり、院内の委員会で顔を合わせる機会が多い方もいます。

顔を合わせる機会が多ければ多いほど好印象になることが分かっています。

これは単純接触効果といって心理学に基づいています。

初めのうちは興味がなかったり、苦手だったりしたものも、何度も見たり、聞いたりすると、次第によい感情が起こるようになってくるという効果。たとえば、よく会う人や、何度も聞いている音楽は、好きになっていく。これは、見たり聞いたりすることで作られる潜在記憶が、印象評価に誤って帰属されるという、知覚的流暢性誤帰属説misattribution of perceptual fluency)で説明されている。また、潜在学習や概念形成といったはたらきも関わっているとされる。

引用元:Wikipedia

理学療法士は多くの職種と関わりがあり、出会いも多い

リハビリってすごいという印象を与えやすい

 

 

 

 

 

主に看護師さんが対象になりますが、看護師さんはほぼ毎日患者さんと接しています。

しかし、患者さんがどの程度動けるのか把握していない場合が多く、歩いてトイレに行ける患者さんでも、車椅子で行ってしまうことも多々あります。(安全第一という考えもあるため否定はしません。)

そこで、リハビリの時間に病棟の廊下で歩行練習をしていると、歩けることにびっくりする看護師さんは多いです。

○○さんってあんなに歩けるんだー!もうすぐ退院もできそうね。
前までは歩けなかったのにリハビリってすごいなぁ。

容姿や性格だけでなく、「尊敬できる相手か」というのも恋愛、結婚する上では重要ですので、看護師さんとお近づきになる一歩としては十分だと思います。

 

互いに尊敬し合うことが重要

 

モテる理学療法士の特徴

理学療法士がモテやすいポテンシャルを持っていることは理解できたと思います。

しかし、残念ながらモテない理学療法士がいることも事実です。

モテる理学療法士にはある共通点があります。

ここからは、モテる理学療法士の特徴について解説します。

清潔感がある

 

 

 

 

 

清潔感はどんな場合でも重要であり、医療従事者であれば最低限のマナーだと思います。

清潔感がないと、相手に悪い印象を与えるだけでなく、敬遠されてしまいコミュニケーションが取りづらくなってしまう可能性があります。

顔の容姿は簡単に変えられませんが、清潔感を出すことは可能です。

特に顔まわり(髪・鼻毛・ヒゲ・過剰な汗)は特に要注意です。

 

まずは清潔感が最重要

笑顔が多い

院内や病棟内は、忙しさやイライラから殺伐としていることも珍しくありません。

イライラしている人には声をかけづらいため、せっかくのコミュニケーションのチャンスを逃してしまっている可能性があります。

患者さんだけでなく、他職種の方と話す時も笑顔を忘れないようにしましょう。

 

笑顔はとても好印象!
声のトーンも高い方が、元気さが伝わるね!

笑顔の周りには人が集まる

 

ちょっとした手伝いをする

モテる理学療法士は、ちょっとした手伝いができる、つまり気が利くということです。

お互いに忙しい業務中ですが、ちょっとした手伝いをするだけで、信頼感が増したり、印象が急上昇します。

あまり手伝い過ぎると業務の範疇を超えてしまうので、本当にちょっとしたことを手伝うと良いでしょう。

例えば・・・

  • 落ちた物を拾う
  • エレベータのボタンを押す
  • 1人でストレッチャーを押していたら手伝う
  • リハビリと検査の時間が被ったら、リハビリ後(または前)に検査に連れて行く

などです。

このような信頼関係の積み重ねから、コミュニケーションは増えていきますので、手を借りたい状況や困っている場面に遭遇したら積極的に声をかけましょう。

 

困っている時に助けてくれる人は、いい人だなぁって思いやすいわね。でも、過度にやりすぎると不信感に変わるから注意ね!

ちょっとしたことの積み重ねで信頼感を得よう

 

まとめ:理学療法士はモテる

理学療法士は、やさしく頼もしい印象を与え、出会いも多い。

モテる理学療法士は、清潔感・笑顔・気が利く三拍子が揃っている。

モテる理学療法士になるために、日々自分を磨いていきましょう!

その積み重ねが、将来素敵な人に出会えるきっかけになりますよ♪

 

今回は以上です。

この記事が、あなたにとって有益になることを願っています。

スポンサー

-理学療法.
-,

© 2022 歩くぅぅuuuuu! Powered by AFFINGER5