スポンサー

病気予防

【投資家が知っておきたい】超加工食品と酸化ストレス

皆様は超加工食品と聞くとどんなものを思い浮かべるでしょうか?

日本の賃金は数十年間横ばいであることに加えて、近年の物価上昇で物の値段も上昇しています。

そんな中、安価で手に入りやすい「超加工食品」が日本だけでなく世界中で重宝されているのが現状です。

しかし、食べ過ぎによっては様々な悪影響があることが報告されています。

食費を節約しているはずが、かえって医療費の方が高くなること、病気のせいで自由な時間や旅行を楽しめなくなってしまうなんてことも・・・。

将来の自由は、十分なお金も必要ですが、健康な身体も必須条件であることを忘れてはいけないことかもしれません。

今回は以下の論文を参考に、超加工食品の摂り過ぎによる身体への悪影響と、積極的に摂取すべき食品について解説したいと思います。

Ultra-processed diet, systemic oxidative stress, and breach of immunologic tolerance

Edwin E. Martinez Leo Ph.D. , Abigail Meza Penafiel N.D. , Victor M. Hernandez Escalante Ph. D. and Zulema M. Cabrera Araujo M. Sc.

Nutrition, 2021-11-01, Volume 91

超加工食品とは

超加工食品とは、保存期間を長くして嗜好性を高め、収益性を高めるために、天然の食品をほとんど、あるいはまったく含まない成分で作られた製剤のことです。

一般的な例しては、カップ麺、惣菜パン、菓子パン、ピザ、スナック菓子、ケーキ、アイスクリーム、清涼飲料水などがあります。

ピカ

一般的にカロリーが高い食べ物という認識でオッケーです。

超加工食品を構成する成分のほとんどは、保存料、安定剤、乳化剤、溶剤、結合剤、増量剤、甘味料、感覚向上剤、香料、着色料などの添加物が使われています。

栄養学的にも、長期間にわたって継続的に大量に摂取することが推奨される食品ではないとされ、最近の科学的根拠によると、加工度の高い食事は、肥満やその他の慢性代謝性疾患(糖尿病やがん、心疾患など)の発症リスクを高めることが報告されています。

酸化ストレスとは

酸化ストレスとは、身体の中の細胞が傷つけられることです。

決してすべての酸化ストレスが悪いことではありません。運動することも適度なストレスも軽い睡眠不足もすべて酸化ストレスです。

つまり、過度な酸化ストレスは悪ということです。

超加工食品を過度に摂取することは、正常な細胞の活動を制限させ、腸内環境の悪化、全身の炎症反応などの変化につながります。

ピカ

超加工食品を大量かつ長期的に摂取すると細胞レベルで炎症が生じ、老化や病気のスイッチをONにしてしまうんですね・・・。

酸化ストレスのメカニズム

超加工食品の過度な摂取は悪ですが、便利であることに異論はありません。

日常的に摂取している場合は、日々の摂取量を減らすなどちょっとした身体への気遣いが重要だと思います。

酸化ストレスが、身体に及ぼす影響を少し知っておくことで、気遣いがしやすいと思いますので分かりやすく解説したいと思います。

糖質の種類

超加工食品には多量の糖質が含まれています。

糖質と一口に言ってもいくつか種類があり、超加工食品に多く含まれる糖質は「単糖類」と言われるものです。

単糖類は、もうこれ以上身体で分解することが出来ない糖類という意味です。

単糖類は主に、ブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース)、ガラクトースと記載されています。

参考までに糖質の種類と特徴を図解にしました。

分子的に、鎖がひとつの場合は単糖類、鎖が2〜10個の場合は小糖類、鎖がそれ以上の場合は多糖類という分類になります。

糖類

単糖類は、身体ではもう分解できないので、消化吸収が速く血糖値を急上昇させます。

簡単にいうと、単糖類の摂取量は少なめに、多糖類は多めに摂取しても良いということです。(少糖類はものによって変化あるのでグレー)

血糖を筋肉に押し込む

そこで、私たちの身体は血糖値を下げるような代償機構が働きます。(血糖値が急上昇するだけでも身体に負担)

余分な血糖を筋肉の中に押し込もうと試みます。(=仕事の丸投げ)

筋肉の中で、血糖を代謝するのはミトコンドリアという細胞小器官です。

通常営業だったミトコンドリアは、突然たくさんの仕事が舞い込んでくるような状況になります。(=いきなり残業を押し付けられる)

するとミトコンドリア自体に過度なストレスがかかり、活性酸素という物質を出します。(=ストレス過多の状態)

この活性酸素という物質が蓄積されると、DNAの損傷や細胞内の破壊、細胞の老廃物を蓄積させ、やがて細胞を死にいたらしめます。

このような状況が全身で生じるため、老化を加速させます。

また、ミトコンドリアが正常に血糖を受け取ってくれなくなると血糖値が慢性的に上昇し糖尿病、死んだ細胞が多くなり細胞の新陳代謝がうまくいかないとがん、血管の細胞が傷つき炎症が生じると脳梗塞や心筋梗塞などの血管系の病気を発症するリスクが高まります。

つまり、超加工食品の過度な摂取は、身体の細胞を痛めつけてしまう行為であったということです。

ピカ

このようなメカニズムを知っておくと、ちょっと控えようかな・・・っていう気がしてきませんか?

超加工食品についての数多い報告

超加工食品の過度な摂取が身体に及ぼす影響は数多く論文報告があり、いくつかご紹介します。

  • 超加工食品を摂取している被験者は肥満と腹囲が増加するリスクが有意に高い。
  • 超加工食品の消費は、糖尿病のリスクを10%増加させる。
  • 超加工食品の摂取は、肥満リスクを31%、糖尿病リスクを37%、高血圧リスクを60%増加させる。
  • 超加工食品を摂取すると、総カロリー、炭水化物、および脂質の摂取量が多くなり、過体重となる。

ちなみに以前、糖尿病患者が心筋梗塞を発症した場合の薬代を薬剤師のスタッフと計算したことがありました。

ピカ

発症した場合、半永久的に服薬しないといけないためFIREの弊害になることは間違い無いですね・・・

積極的に摂取したい食品

ここまで超加工食品の悪影響について紹介してきました。

それでは、どのような食品を摂取すれば食事による酸化ストレスを少しでも抑えられるでしょうか?

超加工食品の摂取量が増えると、飽和脂肪酸(脂質)、糖質、ナトリウム(塩分)の摂取量が増える一方で、タンパク質、カリウム、抗酸化物質の摂取量は減少すると報告されています。

また、留意すべきもう一つの重要な要素は、超加工食品に含まれる食物繊維の少なさです。

超加工食品は、穀物の保護線維層を取り除く傾向があるため、超加工食品の摂取量が多いと、食物繊維の摂取量が少なくなる傾向にあります。

食物繊維は、腸内環境の組成や多様性に深く関連しており、食物繊維が少ないと腸内環境の乱れは超粘膜を傷つけ、炎症を起こし、全身の酸化ストレスを促進させると言われています。

まずは、超加工食品の摂取を控えめにすることに加えて、摂取した場合でも以下のような食品を加えることで酸化ストレスを軽減させることができると考えられていますので参考にしてみてください。

アスコルビン酸

一般的にはビタミンCです。

アスコルビン酸は水溶性の抗酸化物質で、様々な細胞機能のサポートをしてくれます。

主に活性酸素の蓄積の抑制に働いてくれます。

摂取推奨量は1日100mgとされています。

プロバイオティクス

プロバイオティクスは1989年に「腸内フローラのバランスを改善することによって人間の健康に好影響を与える生きた微生物」と定義されました。

簡単に言うと生きた善玉菌です。

プロバイオティクスは発酵食品やサプリメントなどに含まれていますが、腸内に長く留まることができないので1日少量でも継続的に摂取することが重要です。

食物繊維

留意すべきもう一つの重要な要素は、超加工食品に含まれる食物繊維の少なさです。

超加工食品は、穀物の保護線維層を取り除く傾向があるため、超加工食品の摂取量が多いと、食物繊維の摂取量が少なくなる傾向にあります。

食物繊維は、腸内環境の組成や多様性に深く関連しており、食物繊維が少ないと腸内環境の乱れは超粘膜を傷つけ、炎症を起こし、全身の酸化ストレスを促進させると言われています。

食物繊維が豊富な食品で身体を守ってあげましょう。

健康こそ資産

今回は、超加工食品と酸化ストレスについて解説しました。

私もそうですが、日々の資産変動に目を向け過ぎたり、過度な節約をしてしまったりと毎日の健康を軽視してしまいがちです。

将来の資産を有効に使っていくために、「健康こそ資産」と頭のどこかで覚えておくと、お金も健康もある充実した人生が送れるかもしれませんね。

以上です。ご覧いただきありがとうございました。

まだまだ健康について最新論文をもとに記事を書いてますので覗いてみて下さい♪

参考早歩きは脳卒中のリスクを下げる

皆さんは周りの人と比べて歩くのは速いですか? 駅など歩いていると、どんどん人に抜かれていってしまう人もいるのではないでしょうか? ピカ私もその1人です、、、   今回は日常的な早歩きは脳卒中 ...

続きを見る

スポンサー

-病気予防
-,

© 2022 あるくう Powered by AFFINGER5