スポンサー

リハビリテーション 心臓リハビリテーション

心リハ指導士試験対策 Mets表は頻出問題

疾病概念は知識がごちゃごちゃになりやすくて困ってます・・・という方意外と多いと思います。

ピカ
疾病概念は頻出問題です! 取りこぼすともったいないです! ひとつひとつ整理していきましょう♪

この記事では、心臓リハビリテーション指導士試験や認定理学療法士(循環器)試験に対応できるように、オリジナルの問題を作成しました。

心臓リハビリテーション必携や各種ガイドラインなどを参考に問題から解答・解説まで作成させて頂きました。

著作権などの問題から図や表は自作しており、見づらいことも多々あるかもしれませんがご了承下さい。

【この記事を書いた人】

  • 2018年 心臓リハビリテーション指導士を取得
  • 急性期病院の循環器病棟に専属で勤務
  • 循環器医師に対して、心臓リハビリテーション指導士取得のサポート経験あり
  •  

心リハ指導士試験対策

【問13】骨格筋について正しいものはどれか、2つ選べ

1.Ⅱ型線維は速筋線維であり赤筋である

2.Ⅰ型線維は疲労しにくい特徴がある

3.Ⅰ型線維は遅筋線維であり白筋である

4.慢性心不全ではⅠ型線維からⅡ型線維への変換が生じる

5.白筋は単位時間当たりのエネルギー出力が低く疲労しやすい

下記に答えがあります。

【答え】2、4

1.Ⅱ型線維は速筋線維であり白筋です。

3.Ⅰ型線維は遅筋線維であり赤筋です。

4.慢性心不全やデコンディショニング(廃用)ではⅠ型線維からⅡ型線維への変換が生じます。

 

ピカ
骨格筋の種類の問題が出題された時はぜひマグロを思い浮かべてください!

【問14】身体的デコンディショニングについて正しいものはどれか、2つ選べ

1.Ⅱ型線維の萎縮

2.ミトコンドリア容量の増大

3.圧受容器反射の低下

4.血管反応性の低下

5.呼吸筋力の増大

下記に答えがあります。

【答え】3、4

1.Ⅰ型線維が萎縮します。

2.ミトコンドリア容量は減少し、その影響で最大酸素摂取量が低下します。

5.呼吸筋力は低下します。

身体的デコンディショニングで生じる影響については、直前の講義で説明がありましたので必ずおさえておきましょう!

【問15】活動とMets(メッツ)で正しい組み合わせはどれか、2つ選べ

1.ゆっくりした歩行(平地、散歩または家の中)ー 2Mets

2.スコップで雪かきをする ー 4Mets

3.草むしり ー 4Mets

4.屋内の掃除 ー 2Mets

5.子どもと遊ぶ(歩く/走る) ー 7Mets

下記に答えがあります。

【答え】1、3

2.スコップで雪かきをする ー 6Mets

4.屋内の掃除 ー 3Mets

5.子どもと遊ぶ(歩く/走る) ー 5Mets

 

ピカ
Mets表については結構きわどい問題が本番で出題されました。 基本は心臓リハビリテーション必携に記載されているMet表を参考に覚えていきましょう!

臨床的な注意点として人種や体重、年齢が異なればMetsは変化します。

歩行距離が増えても歩行速度が変化しなければMetsは増加しません。

歩行での負荷試験を行う際に、歩行距離と歩行時間をメモしておけば、大体どのくらいのMets(身体活動量)に耐えられたかが分かります。

例えば、歩行試験時に100mを60秒で歩行できたとすると、100m÷113秒=0.88m/秒となります。

すると2〜3Mets程度の運動負荷には耐えられた、Mets表における2〜3Metsの身体活動は行っても問題ないという判断になります。

Metの限界を知った上で日々の負荷試験に応用しましょう!

今回は以上になります。

知識の整理にお役立ちになれば幸いです。

スポンサー

-リハビリテーション, 心臓リハビリテーション
-

© 2022 歩くぅぅuuuuu! Powered by AFFINGER5